東京で故人や遺族の好きな樹を選べ樹木葬

今までは人が亡くなったら遺体は火葬にして遺骨はお墓におさめる、もしくはお世話になっているお寺に預けて供養をする方法が行われていました。



しかし墓を持たない人が増えたことや、無宗教なので形式にこだわらない供養方法を求める人が増えたことから、樹木葬が注目を集めるようになりました。


東京でも樹木葬を行なっている寺院が増えており、高い関心を持つ人が増えています。
樹木葬の魅力は墓石をたてないので費用が安く、管理も必要ないということです。
遺骨を地下におさめて、その上から故人や遺族が好きな樹木を植えることになります。

朝日新聞デジタルのことならお任せください。

最初に樹木葬を行なっている寺院などと契約を結んだら、その時に管理料を含む契約料を支払えば、その後は一切支払いを必要としないところが多くなっています。

永代供養が行われるので安心ですし、故人に会いたいと感じた時は墓参りをするようにいつでも好きな時に訪れることができます。公園のようにいつも綺麗に管理されているので、癒しの空間になっています。



東京では樹木葬に関心を持つ人が増えており、東京だけでなくその周辺からも問い合わせが増えています。永代供養になっているところが多いので、おひとりさまなど供養を行なってくれる人がいないので心配だという人も高い関心を持っています。

またお墓は窮屈な感じがするのでもっと広々としたところで眠りたいという人からも選ばれています。
新しい埋葬方法ですが、これからは多様化の時代なのでますます増えていく可能性があります。