永代供養の需要の高まりと東京都の将来

東京都では、地方の新規中等教育機関卒業者の集団就職により人口集中が社会問題化した高度成長期以降墓地不足が年々深刻化して来ましたが、今後20年あまりで年間死者数が20%〜30%増加し年間死者数が165万人にも達すると推測され、東京都の墓地不足は更に深刻化するとされています。



又、東京都では年間死者数がピークを迎える2040年には女性の平均寿命がほぼ90歳となり、子が親の供養を出来ないケースが増加し現在よりも永代供養の需要が高くなるとされています。

永代供養は、基本的に契約時に供養費用の支払いを終えれば、契約期間内は供養して貰え子世代や孫世代に維持管理の手間や経済的負担を負わす事が無いとして東京都などの大都市圏の都心部を中心に需要が高まっています。

しかし、永代供養墓は建設されている場所の地下に準じて販売価格が設定されているので、大都市圏の都心部ほど販売価格が高額になる傾向が強く、東京都では隣接する神奈川県や千葉県の永代供養墓を契約するケースも増えています。

永代供養墓は、施設内に一般的な埋葬墓を設置する特殊な全天候型の供養墓を除き非常に高額な墓石の必要が無く初期費用を安く抑える事が出来ますが、都内は供養費用が高額な為、郊外や隣接する県の一般的な埋葬墓への埋葬時と初期費用に差が無いケースも多々あります。

ビジネスジャーナル関する情報探しのお役に立つサイトです。

しかし、特に人気の高い自動搬送タイプの供養墓は、交通の利便性の良い所に建設され、公道からエントランスを経て参拝ブースまでが車椅子でも楽に移動になっている為、特に体の不自由な方が多い高齢者に配慮されています。