東京都内の永代供養墓のメリットと永代の期間

東京には、故郷の墓を墓じまいし現在の住居から参拝可能な墓地に改葬を検討している地方出身者が多くいますが、都内では何十年にわたり慢性的な墓地不足に加え非常に墓地が高額な為、改葬もままならないのが現状です。

その為、東京都内では永代供養墓に対する関心が高まっています。



永代供養は、元来寺院や墓地が存続する限り何世代にもわたり供養する意味の言葉として用いられて来ましたが、現在では寺院や宗教法人の企業理念によっては永代は名ばかりの3年と言う短期供養が行われているケースがあります。
しかし、良心的な寺院や宗教法人でも33回忌法要や50回忌法要が終了すると見ず知らずの人のお骨と合祀供養される事になります。

信頼性の高いロケットニュース24に関する情報を紹介するサイトです。

又、永代供養と謳っていながら数年の短期供養を行うだけで無く、命日や彼岸、お盆などの供養を合同で行ったり、供養自体を行わない寺院や宗教法人も存在します。
永代供養墓には、合祀供養墓やロッカー式供養墓、仏壇式供養墓、自動搬送式供養墓、全天候型の供養墓などがあります。東京都内では、センスの良い外観デザインが目を惹く自動搬送式供養墓への関心が特に高く、実際に都内に数多く建設されています。
自動搬送式供養墓は、外観だけで無く内部にも趣向が凝らされており、高齢者でも楽に参拝出来る様に配慮されています。
参拝時には、個別の参拝ブースで簡単な操作を行うだけで故人の遺骨と遺影が搬送され非常に楽です。
自動搬送式供養墓は、墓自体が無いので維持管理の手間が省け、次世代への負担が軽減出来ます。



マナーのテクニック

東京都では、地方の新規中等教育機関卒業者の集団就職により人口集中が社会問題化した高度成長期以降墓地不足が年々深刻化して来ましたが、今後20年あまりで年間死者数が20%〜30%増加し年間死者数が165万人にも達すると推測され、東京都の墓地不足は更に深刻化するとされています。又、東京都では年間死者数がピークを迎える2040年には女性の平均寿命がほぼ90歳となり、子が親の供養を出来ないケースが増加し現在よりも永代供養の需要が高くなるとされています。...

more

身に付けよう

自然葬は、現在東京都の年々深刻化する墓地不足や墓の継承者不足を緩和する側面とお布施の金額でグレードが決まる戒名や高額な墓石、入手困難な東京都内の墓地などの購入が不必要な経済的側面が現代の東京都民のニーズに合っている葬送方法とされています。自然葬は、43万年前にスペインの化石人類シマ・デ・ロス・ウエソスが行った葬儀が現在の所最高とされ、日本国内では1万数千年前の縄文時代に火葬後に土葬で葬られた痕跡が発見されています。...

more

学ぼうマナーの事

日本は、北欧のスウェーデンやデンマーク、ノルウェーなどと並び国教を有さない信教の自由を認められた国の為、宗教の教義上大きな意義を有する遺体の葬送方法が時代時代で異なって来た経緯があります。その為、墓地不足問題や墓地の高騰問題、墓の継承者不足問題など従来の墓制の維持が難しい東京都では、散骨や樹木葬に代表される自然葬の普及は必然的な流れと言えます。...

more

わかりやすい情報

今までは人が亡くなったら遺体は火葬にして遺骨はお墓におさめる、もしくはお世話になっているお寺に預けて供養をする方法が行われていました。しかし墓を持たない人が増えたことや、無宗教なので形式にこだわらない供養方法を求める人が増えたことから、樹木葬が注目を集めるようになりました。...

more